2018年05月04日

白い花

花の話題が続きます。
IMG_2696.jpg
狭庭に今年もよく咲いたのは白い杜若です。
活けるとあまり日持ちはしませんが、きり
りと清々しい姿が好感を持たれる所以でし
ょう。
今年は、庭のある部分に雑草対策でレンガ
を敷いたため、思うように芽が出せなかっ
たかもしれません。
白の立浪草も、今年はよく咲きました。
この春先は八重のクリスマスローズがひと
かかえほど、ツツジの白も満開です。
白が好き、と言いきれないのは私の気の多
いところ〜〜
白い花の中に、濃いピンクの京鹿子なども
可愛らしいものなのです。
来月には、きっと!
posted by Tanaka at 09:25| お知らせ

2018年04月30日

秘すれば花

連休真っ只中の今朝、久しぶりに我が家で開いたIMG_2716.jpg
「雲井の鶴」です。
この花はもう10年も前に当方で、お茶を教えてく
ださっていた妙心寺大法院の松岡老師に頂いたも
のです。
光格天皇の息女の門跡寺院から拝領したそうで、
他には決してお分けしないように、とのひとこと
がついてまわったそうです。
大切な花、と思えば思うほど枯らさない為に、さ
らに花に詳しい方にも、保険のように育ててもら
いたい。と思うのは人の常のようです。
なぜならこの花は「うちだけ」と思っている方か
ら密かに分けていただいた方が、何人もいるので
す。京都のそこここに〜〜
某陶芸家の裏庭で拝見した時には、驚くほどの株
が見事に花をつけていました。
いつでしたか「家庭画報」には平安神宮の池の端
で咲く雲井の鶴が、見事に写っていました。
「秘すれば花なり秘せずは花なるべからず」は
「風姿花伝」の知られた一節〜〜
続きを読む
posted by Tanaka at 17:00| お知らせ

2018年04月25日

岡村美和さんの型染め祝儀袋

熊本で、型染めの仕事をされている岡村美和さんIMG_2690-1.jpg
からしばらくぶりで、和紙に染められた祝儀袋が
届きました。
おめでた尽くしの文様は、小ぶりでも何やら楽し
げな雰囲気が漂います。嬉しいこと、おめでたいIMG_2692.jpg
ことが、ひと手間かけた分大きく膨らみそうな気
がします。
静かな薄墨の不祝儀のたとうもお勧めです。
どれも中袋が付いています。
各¥450 税別
続きを読む
posted by Tanaka at 16:22| お知らせ