2017年04月05日

絵巻物の面白さ

azu3.jpg”絵巻物マニア列伝”という展示を、サントリー美術館で見てきました。
六本木開館10周年記念の企画でしたが、肩肘張らない面白みたっぷり
の展示内容で、思いがけず長居をしました。

国宝の「石山寺縁起絵巻」、「玄奘三蔵絵」を始め、名だたる絵物語が
時代を超えて蒐められていました。平安時代の「病草紙」の不眠の女、
頭の上がらない乞食法師、額のシワまでリアルに描写されていました。

だいぶ前でうる覚えですが、中沢新一が新書版で「僕の叔父さん・網野
善彦」を書いたのを思い出しました。網野善彦は中世史の歴史学者です
が、甥と叔父さんのやり取りの中で、絵巻物に話が及んだときのことが
印象に残っています。

azu4.jpgそれは、確か絵巻物などには端のほうでうずくまっているような異形の
人が描かれているから、気をつけて見てごらん。といったようなことだ
ったと思います。物語の主人公は貴族や立派な僧侶であっても、世の中
には庶民もいれば、賎民もいれば渡り歩く法師や様々な人たちもいるよ。
というようなことだったような気がします。網野善彦らしいまなざしの
確かさにハッとしたのを覚えています。

あとはこの絵巻物の世界の”おかしみ”に触れられたことが収穫でした。
「放屁合戦絵巻」の抱腹絶倒。「石山寺縁起絵巻」が一番の目的でした
がどの絵巻物も、優れた場面展開のあしらい方に感心しました。雲や、
水、木々の茂りなどなどで、見事に時間と空間を移動させられる手法の
楽しさにも目を奪われました。

朝一番の割には、混んでいましたが、展示替えもあるようなので再度足
を運んでも良いかな、と目下思案中です。
posted by Tanaka at 14:38| お知らせ

2017年03月22日

御殿場まで

azu1.jpg久しぶりの更新になりました。
身辺様々なことが起こりますが、私は元気です。

よく晴れた日曜日、御殿場までひと走りです。
東名で松田を過ぎる頃になると、急に富士山が大
きく見えてきます。
この日は一つ用事を済ませて、お菓子の虎屋の工房
へ足を伸ばしました。湘南ではもう散っている紅梅
白梅が御殿場の標高のせいか、満開でした。首都圏
azu2.jpgに近いこの辺りは、かつて皇族や政治家の別荘もあ
ったようです。

地続きの、旧岸信介邸が公開されていました。ここは、
今話題のどこかの首相が子供の頃によく遊びに訪れた
場所だそうです。この時期、見学するには少々抵抗も
ありましたが、吉田五十八による建築とわかり、覗い
てみることに〜〜

azu2.5.jpg簡素な中に、数寄屋造の伝統を取り入れた心地よさそ
うな建築物でした。ほんの少し私物などの展示がされ
ていましたが、目を引いたのは金泥で書かれた般若心
経の写経でした。

慎ましやかな端正な文字であることに少し驚きました。
写経もさまざまですが、その人となりが自ずと出る
ものと思っています。伊達藩の五郎八姫は隠れキリシ
タンでは〜〜と噂をされたそうですが、厳しいながら
も優美な「舎利礼文」の写経を仏像の胎内に納められ
ていたそうですので、深く仏教に帰依していたという
事実が近年明らかになったそうです。瑞巌寺の住持の
「河北新報」に寄せたエッセイを読んだことがありま
す。

岸信介は晩、年高野山に1150枚の写経を奉納したそう
ですが、日米安保の牽引と写経、、、。
posted by Tanaka at 01:12| 旅行

2017年02月16日

閑話休題

4d8.jpg寒い日が多い中、それでも気温が15℃になる日も出てきました。
申告も早めに準備ができたのは、珍しいこと。慌しかった日を
過ごしている時でも、ひと息つく時間は待ち遠しいものです。


ある日はt -siteでカフェオレ、頂き物のクッキーを開けるのもまた
愉しみなこと。このクッキーの詰め方は全て人の手によるものだそ
うですが、最初はぎっしりで、指が入りません。どれから食べるか
fc8.jpgは、実は決まっていていつも変わることはありません。


このクッキーはなかなか入手できないとのことですが、カリッとし
た食感のものが多く入っていて、たっぷりの紅茶がよく似合います。
日射しがまだ柔らかく、気温も高くなるこの時期はサンルームでの
お茶は格別です。

posted by Tanaka at 08:00| 日記