2017年06月17日

鵠沼の舞妃蓮

梓のある藤沢には、鵠沼という地名があり蓮池と呼ばれ
ている沼が二箇所あります。
160619_155656.jpg
かつて子供達は、そこで泥んこになりながらザリガニや
おたまじゃくしを取って遊べたのですが、今は少し整備
されて眺めやるだけの、柵で仕切られた一角になってし
まいました。
今、この蓮池に涼やかな舞妃蓮が咲き始めました。交配
種で、大賀蓮とアメリカの種を掛け合わせたそうですが、
咲き始めは純白で爽やかさいっぱいの大輪の蓮。薄いピ
ンクに変わっていくそうですが、私はまだその状態で見
た事はありません。今年は是非マメに出かけて鑑賞した
いものです。
posted by Tanaka at 22:28| 湘南情報

2017年06月13日

茅の輪くぐり

早いもので、もう6月半ばになります。
6月と聞いて、連想するのは和菓子の「水無月」FullSizeRender-5.jpg
もっちりした食感は好きずきが分かれるところ
ですが、厄を避けて後半の月日を恙なく過ごせ
るように頂きます。近頃は抹茶入り、栗入りな
どもあり、多様になってきています。
そして茅の輪くぐり。
写真は、京都寺町の下御霊神社にしつらえた大
きな茅の輪。くぐり方にもルールがあり、『払
い給え、清め給え、、、」と、唱えながら8の
字を描くように回ります。くぐり終えれば清め
られ、一年の後半を厄歳なく過ごせると言われFullSizeRender-4.jpg
ている6月の神事です。私はまだ生まれてこの
かた2回しかくぐったことはありません。
お寺のような佇まいの神社ですが、聞いてみれ
ば随分古い由来がありました。京都御所の産土
神社で、江戸時代までは御所も公家たちもその
氏子だったそうです。
「水無月」も食べたことですし、今年の後半、
元気に過ごせそうです。
posted by Tanaka at 00:48| 旅行

2017年05月23日

砂澤ビッキ展〜神奈川県立美術館葉山

IMG_1976.JPGビッキさんのお名前を聞いたのは高校生の頃の
ことですから、かれこれ〜〜年になります。
このほど葉山で展覧会があることを知り、飛ん
で行きました。ビッキさんは、高校時代の担任
の友人でした。
ある時、学校にビッキさんが訪ねて来られまし
た。みなさんへ、とクラス全員に小さな木彫り
のキーホルダーをお土産にくださったのです。
彼は体格の良い、優しいまなざしの方でした。

昔は知り合いの家に行くと、大抵床の間や玄関
先に木彫りのクマが鮭をくわえているのがあり、
大きなものから手のひらサイズまで、かなり普
及していたように思います。
アイヌの木彫作家のビッキさんが、クマを彫ら
れたことがあるのかはわかりませんが、先日の
葉山で拝見した大きな作品群は、圧倒的な力強
さで、驚きました。あのビッキさんにこのよう
なエネルギーが宿っていらしたことも、若かっ
た私には想像だにしないことでした。

長い年月を経て、再び作品を通して彼と出会い、
あの頃よりは少し深くビッキさんの境遇を理解
することができ、素直に喜んでいます。
posted by Tanaka at 22:17| お知らせ