2018年11月03日

『若草物語』と伊藤佐喜雄

何の話の流れからか、『若草物語』に登場する
少女たちの愛称が話題になりました。IMG_3507.jpg
メグ、ジョー、エイミー、そしてベスでした。
どの名前も愛称のようです。
そう、先日イギリスから来日したリーチポタリ
ーのデイレクターの名前が発端でした。リビイ
さんでしたので、最初は男性か、女性かわから
なかったのですが、ホテルのロビーで声をかけ
てみると長い金髪の、とても綺麗な女性でした。
彼女によると、リビイはエリザベスの愛称だそ
うです。他にもいろいろあって、リズ、ベスな
どよく知られている呼称の他にも幾つか使われ
ているとのことでした。
子供の頃親しんだ、偕成社の少女名作全集を今
でも持っている友人がいました。1972年の発行
ですから、およそ46年くらい前のことになりま
す。そこで思いがけず、誌上の四人姉妹と再会IMG_2658.jpg
できたのです。私が読んだのは小学生の頃です
から、もしかしたら他の出版社だったのでしょ
うか?
ただ、驚いたのが訳・編者の名前でした。伊藤
佐喜雄とあります。まさか、と思いましたら、
日本浪蔓派に名を連ねていた、津和野の伊藤佐
喜雄その人でした。彼は女優伊沢蘭奢の息子に
あたり、生家は伊藤博石堂という薬屋で、津和
野で代を重ねて今に至っています。数ヶ月前に
津和野に行った友人から博石堂の「一等丸」と
いう丸薬を頂き、その袋もレトロな雰囲気で大
事にしていました。丁度小田原の「ういろう」
のようですが仁丹色ではなく黒い丸薬です。
余談でしたが〜
『若草物語』は実に丁寧な日本語で書かれ、旧き
良き時代の読み物でしたが、今の子供達は知らな
いかもしれません。
続きを読む
posted by Tanaka at 23:16| お知らせ

2018年10月13日

二升五合

IMG_3293.jpg写真の陶額は、夏に松江に行った折に、
安来のお蕎麦やさんに掛かっていたも
のです。
私には「にしょうごんごう」と、普通
に読めましたが、女将さんの説明では
「ますますはんじょう」と読みます!
と。何でも、お祝いに届いたものだそ
うです。
二升は升が二つ。5合は、一升の半分。
なるほど、機知に富んだおめでたい文
言になりました。ただ、尺貫法が廃止
になってから、日本独自の容積を計る
言葉は死語になっていますから、ある
世代から下には、「それが何?」と聞
かれそうです。
落語のオチの説明をすることくらいツ
マラない事はありませんが、残念なが
ら我が解釈の平板なことに比べ、昔の
人の何とおおらかな漢字の読みである
ことよ、と。ひとしきり感心したもの
でした。
posted by Tanaka at 14:30| 旅行

2018年10月12日

R134工事終了

まあ、長いことかかりました〜〜
鎌倉は七里ヶ浜一帯の路肩の工事です。IMG_3484.jpg
先日走った時には、あまりにもさっぱり
していて、何が?と思いましたら、そう
です工事が終わったのです。
赤い三角コーンや黒と黄色のロープに明
かりが吊ってある工事中のおかげで、江
ノ島は見えないのと、それがあまりにも
長い年月だったため、慣れてしまったの
ですね。
写真は、渋滞中に撮りましたので、走行
中ではありませんので、ご安心ください。
数日前の夕方近くに。
陸地側の突端は、小動岬です。
posted by Tanaka at 22:43| 湘南情報