2017年07月04日

キースン・スロースを訪ねて  その1

先週、デンマークから帰りました。IMG_1191.JPG
白夜の季節で、旅行者には可動域が広がりますが、
ちょうど卒業式のシーズン、夏至のお祭りと重なり
休業のお店が多く、帰りに寄ったスエーデンのマルメIMG_2199.JPG
でも、少々残念でした。
ハレ女を、自認するHさんは京都のデザイナーであり、事務所併設のギャラリーではキースンの展覧会も開いてくださったゆかりの方です。また、100個のtea caddyの本のデザインをお願いして、素敵に仕上げてくださいました。
ロンドンからコペンハーゲンで合流して、ご一緒の旅友になりました。
キースンとは5年ぶりくらいでしたが、お元気で作陶
を続けていらっしゃいました。コペンハーゲンで、デIMG_2170.JPG
ンマーク・日本の友好150周年の企画の展示(キース
ンと日本の作家・窯元とのコラボ)を観に行くことと、
もちろん彼女の新作を仕入れてくることが今回の
旅の主目的でした。
ギャラリーは、中心からはだいぶ遠く、タクシーでの
移動になりましたが、木工の工房も併設された元の公
共施設のような広い広い空間でした。
続く
posted by Tanaka at 17:44| お知らせ

2017年06月17日

鵠沼の舞妃蓮

梓のある藤沢には、鵠沼という地名があり蓮池と呼ばれ
ている沼が二箇所あります。
160619_155656.jpg
かつて子供達は、そこで泥んこになりながらザリガニや
おたまじゃくしを取って遊べたのですが、今は少し整備
されて眺めやるだけの、柵で仕切られた一角になってし
まいました。
今、この蓮池に涼やかな舞妃蓮が咲き始めました。交配
種で、大賀蓮とアメリカの種を掛け合わせたそうですが、
咲き始めは純白で爽やかさいっぱいの大輪の蓮。薄いピ
ンクに変わっていくそうですが、私はまだその状態で見
た事はありません。今年は是非マメに出かけて鑑賞した
いものです。
posted by Tanaka at 22:28| 湘南情報

2017年06月13日

茅の輪くぐり

早いもので、もう6月半ばになります。
6月と聞いて、連想するのは和菓子の「水無月」FullSizeRender-5.jpg
もっちりした食感は好きずきが分かれるところ
ですが、厄を避けて後半の月日を恙なく過ごせ
るように頂きます。近頃は抹茶入り、栗入りな
どもあり、多様になってきています。
そして茅の輪くぐり。
写真は、京都寺町の下御霊神社にしつらえた大
きな茅の輪。くぐり方にもルールがあり、『払
い給え、清め給え、、、」と、唱えながら8の
字を描くように回ります。くぐり終えれば清め
られ、一年の後半を厄歳なく過ごせると言われFullSizeRender-4.jpg
ている6月の神事です。私はまだ生まれてこの
かた2回しかくぐったことはありません。
お寺のような佇まいの神社ですが、聞いてみれ
ば随分古い由来がありました。京都御所の産土
神社で、江戸時代までは御所も公家たちもその
氏子だったそうです。
「水無月」も食べたことですし、今年の後半、
元気に過ごせそうです。
posted by Tanaka at 00:48| 旅行