2017年07月04日

キースン・スロース を訪ねて 2

IMG_2286.JPG
彼女の住む町はコペンハーゲンから特急で3時間ほど
のオーフス。のどかな牧草地や海を眺めながらの楽し
い列車旅です。車内は卒業したての高校生、夏休みに
入った学生たちがあちこちに〜〜
大きな手術をされた夫君も、以前と少しも変わらず、食
後の片付けは進んでなさる。車椅子用にスロープを中庭
に向かって設置されたほかは、どこも変わらずでした。
翌日は、車で2、30分の所に転居された娘Annと娘婿の
Kimのご招待でランチでした。
IMG_2302.JPG
素敵なテーブルウエアーは、もちろんKirstenの物。少し
ひんやりした空気の中で、ろうそくの炎が揺らめくtea
light とpotも使われてこそ。熱々の紅茶が嬉しいもので
した〜〜
kimの仕事場も以前はまだ引越ししたばかりで、荷物がゴ
ロゴロしていましたが、綺麗に整えた展示室も出来上がり
心地よさそうにお住まいでした。


posted by Tanaka at 22:04| お知らせ

鳥居秀行さん

先月、このHPを管理してくださっている鳥居さんが急逝されました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
ひと月ほどで、新しいHPに生まれ変わります。
止まったままのページがありますが、今しばらくお許しください。
 工藝サロン梓  田中政子
posted by Tanaka at 18:22| お知らせ

キースン・スロースを訪ねて  その1

先週、デンマークから帰りました。IMG_1191.JPG
白夜の季節で、旅行者には可動域が広がりますが、
ちょうど卒業式のシーズン、夏至のお祭りと重なり
休業のお店が多く、帰りに寄ったスエーデンのマルメIMG_2199.JPG
でも、少々残念でした。
ハレ女を、自認するHさんは京都のデザイナーであり、事務所併設のギャラリーではキースンの展覧会も開いてくださったゆかりの方です。また、100個のtea caddyの本のデザインをお願いして、素敵に仕上げてくださいました。
ロンドンからコペンハーゲンで合流して、ご一緒の旅友になりました。
キースンとは5年ぶりくらいでしたが、お元気で作陶
を続けていらっしゃいました。コペンハーゲンで、デIMG_2170.JPG
ンマーク・日本の友好150周年の企画の展示(キース
ンと日本の作家・窯元とのコラボ)を観に行くことと、
もちろん彼女の新作を仕入れてくることが今回の
旅の主目的でした。
ギャラリーは、中心からはだいぶ遠く、タクシーでの
移動になりましたが、木工の工房も併設された元の公
共施設のような広い広い空間でした。
続く
posted by Tanaka at 17:44| お知らせ

2017年05月23日

砂澤ビッキ展〜神奈川県立美術館葉山

IMG_1976.JPGビッキさんのお名前を聞いたのは高校生の頃の
ことですから、かれこれ〜〜年になります。
このほど葉山で展覧会があることを知り、飛ん
で行きました。ビッキさんは、高校時代の担任
の友人でした。
ある時、学校にビッキさんが訪ねて来られまし
た。みなさんへ、とクラス全員に小さな木彫り
のキーホルダーをお土産にくださったのです。
彼は体格の良い、優しいまなざしの方でした。

昔は知り合いの家に行くと、大抵床の間や玄関
先に木彫りのクマが鮭をくわえているのがあり、
大きなものから手のひらサイズまで、かなり普
及していたように思います。
アイヌの木彫作家のビッキさんが、クマを彫ら
れたことがあるのかはわかりませんが、先日の
葉山で拝見した大きな作品群は、圧倒的な力強
さで、驚きました。あのビッキさんにこのよう
なエネルギーが宿っていらしたことも、若かっ
た私には想像だにしないことでした。

長い年月を経て、再び作品を通して彼と出会い、
あの頃よりは少し深くビッキさんの境遇を理解
することができ、素直に喜んでいます。
posted by Tanaka at 22:17| お知らせ

2017年05月08日

子規展へ〜 神奈川近代文学館

30f6.jpgずっと穏やかな日が続いた連休の一日。
なんと50年ぶりくらいで、横浜は山手まで出かけて
きました。生まれも育ちも横浜の私にとってはいつ
も無条件で好きな場所でした。
山手の町はほぼ変わっていないのですが、丘公園の
辺りから、文学館の一帯はずいぶん人工的になりす
ぎてちょっと耐えられなかったです。


351de.jpg子規展は、朝早かった割には多くの来館者で驚きま
した。折からの俳句ブームもあるのでしょうか、地方
からの高校生も混じり、多くは私と同世代の方々。


夭折の子規の残した仕事の凄さに圧倒されました。俳
句、短歌、写生文などに多彩な表現を追求してきた子
規、親交の深かった夏目漱石との交流の証の短歌、ま
た随筆「墨汁一滴」「病状六尺」そして、日記「病臥
漫録」など多くの資料が展示されていました。。客観
的に見つめた自身の病気を、時にはユーモアをもって
語る。人間子規に思いを馳せたひと時でした。

写真下は、カトリック山手教会
posted by Tanaka at 16:09| お知らせ

2017年04月05日

絵巻物の面白さ

azu3.jpg”絵巻物マニア列伝”という展示を、サントリー美術館で見てきました。
六本木開館10周年記念の企画でしたが、肩肘張らない面白みたっぷり
の展示内容で、思いがけず長居をしました。

国宝の「石山寺縁起絵巻」、「玄奘三蔵絵」を始め、名だたる絵物語が
時代を超えて蒐められていました。平安時代の「病草紙」の不眠の女、
頭の上がらない乞食法師、額のシワまでリアルに描写されていました。

だいぶ前でうる覚えですが、中沢新一が新書版で「僕の叔父さん・網野
善彦」を書いたのを思い出しました。網野善彦は中世史の歴史学者です
が、甥と叔父さんのやり取りの中で、絵巻物に話が及んだときのことが
印象に残っています。

azu4.jpgそれは、確か絵巻物などには端のほうでうずくまっているような異形の
人が描かれているから、気をつけて見てごらん。といったようなことだ
ったと思います。物語の主人公は貴族や立派な僧侶であっても、世の中
には庶民もいれば、賎民もいれば渡り歩く法師や様々な人たちもいるよ。
というようなことだったような気がします。網野善彦らしいまなざしの
確かさにハッとしたのを覚えています。

あとはこの絵巻物の世界の”おかしみ”に触れられたことが収穫でした。
「放屁合戦絵巻」の抱腹絶倒。「石山寺縁起絵巻」が一番の目的でした
がどの絵巻物も、優れた場面展開のあしらい方に感心しました。雲や、
水、木々の茂りなどなどで、見事に時間と空間を移動させられる手法の
楽しさにも目を奪われました。

朝一番の割には、混んでいましたが、展示替えもあるようなので再度足
を運んでも良いかな、と目下思案中です。
posted by Tanaka at 14:38| お知らせ

2016年11月17日

山伏の来客と法螺

FullSizeRender-4.jpg前回の、岡 無理弥小品展には多彩な来客がありました。
なかでも異色は、羽黒の山伏のEさんと先達のTさんでした。

以前にもEさんには山梨でお会いしたことがありましたが、
いらしていただいたのは初めてでした。
彼は、新潟在住の半農半修験の行者ですが、今回は四国一
の高山、石鎚山で法螺の関係の集まりがあって参加した帰
りに、お寄りくださったのです。

法螺の名手として知られたEさんは、持参の法螺を梓の空間で
FullSizeRender-3.jpg吹いてくださったのです。なかでもお気に召した「モクレン」
の絵の前に正座し、場を清める法螺?でしたか即興でご披露
くださいました。床を揺らすような響きでしたが、吹き終わ
りますと若い女性は感動で、涙を流していました。

岡 無理弥氏はartist nameで, 本業は文化人類学者岡 千曲氏。
彼も羽黒では20年余修験者としての経験があり、Eさん、Tさん
もそれ以来のおつきあいだそうです。賑やかに旧交を温めてい
らしたのです。(勿論、日本酒を潤滑油として)

今回初めて知りましたが、法螺にはそれぞれの山の手引書(譜面)
があり、それに沿って吹くようです。
目的によって様々な韻律があり、連絡方法のためだけでなく、場
に応じた法螺を吹き分けるとのことでした。

譜面と実際の法螺を写真でご紹介いたします。
posted by Tanaka at 13:24| お知らせ

2016年09月28日

松岡調師を偲ぶ会

この6月に遷化された松岡老師は、梓とはとてもFullSizeRender-1.jpg
ゆかりの深い方です。9月になり少し暑さも和ら
いだつい先日、偲ぶ会をいたしました。

京遠州流の茶道を教えていただいていました関係
で、元の生徒さんをはじめ知己の方々も交えての
簡素ながらも温かい会になりました。
臨済宗大本山妙心寺大法院の元住職(閑栖)だっ
た師は、類い稀な美意識の持ち主でした。
IMG_2200.jpg
織りの龍村での研究員時代を含め川島織物での時
を得て、裂の蒐集者として生き字引のような存在
でもありました。
老師とは私が二十代の時からのお付合いでしたが、
僧侶としてのイメージより、お洒落な文化人とい
う感じが勝っていました。偲ぶ会でも様々なエピ
ソードが披露されましたが、綺麗な日本語を話す
方でした。

ここでは語りつくせませんので、この辺で〜〜
posted by Tanaka at 09:21| お知らせ

2016年07月19日

武相荘・・・

急に思い立って町田市鶴川の武相荘へ出かけてきました。
藤沢からは車で片道1時間半くらいでしょうか。FullSizeRender のコピー.jpg

白洲正子が1943年から住まいとしていた茅葺きの農家で、15年
ほど前にオープンし、時折婦人雑誌などでも紹介されています。

近い割に行かなかったのは、どうもあまり好きではなかったせ
いもあります。でも、先入観を外して、今回は展示方法などが
参考になるかと思い訪ねてみたのです。

結果〜〜、惜しい事この上なくスペースと展示物の間合いがよく
取れていないため、優品、良品がそれぞれが放つ光を充分に発
揮できていないように感じました。
没後何年でしたか、松屋での展示では鶴川の私邸の復元もあり、
それは記憶に残るものでもありました。

染織家の古澤万千子氏の帯など、拝見したかった作品には満足
でした。又、夫君とマッカーサーとの私文書など、興味をそそ
られるものも散見しました。
近頃リニューアルオープンしたカフェ・レストランは満員状態で
したが、あの空間も展示スペースにしたら良かったのに、、と
消化不良のまま帰途につきました。
写真は、古澤万千子氏の辻が花染をカードにしたもの。
下は散策路で〜
posted by Tanaka at 12:30| お知らせ

2016年06月07日

されどバケツ

京都は鞍馬のH氏宅に伺った折のこと、美しいバケツ
に魅せられました。IMG_1130.JPG

銅製のそれは、バケツの原型といった格別変わったと
ころのない普通のモノでした。
ところが、驚いたのは合わせ目がないのです。一体どん
な作り方をしたのでしょうか?
今もアルミのバケツはありますが、銅のバケツの存在は
知りませんでした。

彼は時を違えて手に入れた同じカタチのバケツを二つも
持っていらした。
骨董屋さんで手に入れたそうですが、合わせ目がないと
いうことは叩いて叩いて合わせ目を潰したのではないだ
ろうかとH氏。
たかがバケツ、されどバケツに美しさを求めた職人がい
た時代を、懐かしい思いで眺めていました。
posted by Tanaka at 23:28| お知らせ

2016年05月10日

くりや手ぬぐい

私のお気に入りのippinは、この手拭です。
静岡の染の伝統、民藝の風土に育まれてFullSizeRender.jpg
生まれるべくして生まれたもの。
静岡、藤枝方面に行く時には時々覗いてい
た丸子の店は、蔦の小道の近くの山間にひっ
そりと建つ瓦屋根の一軒家でした。手ぬぐい
はこの店のオリジナルの制作です。
茶道具柄の手ぬぐいとの二種類で展開してい
ました。行くたびに買い求めていましたが、
生産中止とのことで、在庫をあるだけ頂いて
きました。
さて、くりや手ぬぐいのモチーフになった道具
は今家庭にどのくらいあるでしょうか?
世代ギャップがありそうです。升はもう我が
家にはありませんが、竹ざるや、片口、金物の
おろし金、塩壺などはまだまだ健在です。
図柄の単純明快な線の美しさ、メリハリのあ
る造形も気に入っています。力のある作家?
職人の仕事でしょう。
そう言えば手ぬぐい自体も使われなくなって
きましたが、フキンとして我が家ではまだ活躍
中です。
posted by Tanaka at 08:47| お知らせ

2016年04月16日

熊本地震お見舞い申し上げます。

被害が更に広がっている様子に胸がいたみます。
ひどい事になりました。
熊本、大分には取引先や友人、知人もおりますが
安否のほどが分かりません。
携帯も繋がりにくい状況でしょうから余分な通信を
控えるつもりでいます。
一分、一秒でも早く地震が収まってくれますよう
祈っております。
それにつけましても、原発の位置を眺めながら不安・
不快に思うのは当たり前の感情です。
自民党の政治家の思考回路は、尋常ではありません!!
田中政子
posted by Tanaka at 13:35| お知らせ

2016年04月01日

お仕覆・愛らし〜〜

ひと月ぶりの更新になってしまいました。IMG_0986.JPG
ご心配、ご迷惑をおかけいたしました。
思いもかけず更なる入院がありましたが、無事復活です。

桜の季節まっただ中、暖かい湘南はそろそろ満開でしょうね。
topicsで 柳 順子さんのお仕覆の本をご紹介いたしましたが、
私のとっておきはこのお仕覆です!!
勿論茶碗が先に気に入りましたが、逡巡する私の前に、奥様
が持っていらしたこの愛らしい布の造作を見て、もう迷うこ
となく「頂きますから〜〜」、と口から言葉が溢れておりました。
IMG_0985.JPGまあ、あれこれ迷う理由もありますが、気がつけばお茶碗と
愛らしいお仕覆は、私の車の後部座席に鎮座していました。
お茶碗は椿の灰の釉薬を流した連作のひとつ。青みがかった
釉薬が底に溜まった風情からか、送られてきた箱には「幽谷」
とご銘がついていました。

作家は伊賀の福森雅武さん、お仕覆は奥様が作られたとのこと。
決めてが、お仕覆では申し訳ないので内緒です!
posted by Tanaka at 11:50| お知らせ

2016年02月26日

 寒川さん!

IMG_0941.JPG地元では、こう呼ばれて親しまれている寒川神社。
相模川の東側に鎮座し、延喜式にも載る格式高い
神社です。晴れた平日の午後に車を走らせました。
30分ほどで到着です。

受験シーズンまっただ中ですから、おみくじも場所を工
夫されて増設にまた増設でした。まだまだ沢山の善男善女
がお参りに来られていました。IMG_0942.JPG

長い参道の両側には常緑樹が茂り、さながら緑のトン
ネルですが、社殿の背後は青空が広がり、よくある鬱蒼
とした鎮守の森の風情ではありません。

西側後方には大山の峰を眺め、かつては波が寄せていた
参道の入り口あたりは今はびっしりと住宅が埋め尽くしてています。

IMG_0937.JPG信心は格別ないのですが、八方厄除けの御札をいただいてきました。
おみくじはささやかに中吉。

よしよしのスタートです!!




posted by Tanaka at 14:14| お知らせ

2016年01月30日

相模灘の夕焼け

久し振りの更新です。DSC04311.jpgDSC04260.jpg
二度に亘る体のメンテナンスも終えて、
下界に戻ってきました。
いろいろな方に勇気づけていただきましたが、時折送ってくださる季節のお便りに、力も頂きました。
葉山の海からの夕焼け空です。
風景のおすそ分け、お楽しみください。

もう少しあたたかくなりましたら、わが韋駄天の写真もお届け出来ると思います。
お待ち下さい。
posted by Tanaka at 10:30| お知らせ

2016年01月06日

万両満開

新年は暖かい日に恵まれました。IMG_0876.JPG
いかがお過ごしでしたか?
毎年、庭の千両はお正月を前に鳥に食べられてしまい
ますが、今年は早めに切った千両一抱えで、お正月飾りは
無事に済みました。
どうも万両は美味しくないらしく?また食べにくさもあっ
てかいつまでも残ります。
千両や万両、ピラカンサスなど、赤い実は元気の象徴でも
ありますが、網を被せてまで守ろうという気もなく、鳥が
食べたいならどうぞ!と大人対応の梓です。
毎年山形の遊佐町のギャラリーsuiさんから送られてくる、
素晴らしいカサブランカも芳香と共に、新年の梓に彩りを
添えてくれます。
posted by Tanaka at 12:14| お知らせ

2016年01月01日

謹賀新年

IMG_1428.jpg

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様のご健勝をお祈り申し上げます

2016年 元旦


工藝サロン 梓
posted by Tanaka at 20:16| お知らせ

2015年12月13日

出番です!

いよいよ一年の締めくくりの頃になりました。IMG_0812.JPG

来年が良い年でありますようお祈りいたします。
張り子の猿は、越前で竹紙を漉く作家さんの作品です。
悪いものを持ち猿(去る)、らしいです〜〜

来年はお任せしましたよ!


posted by Tanaka at 13:36| お知らせ

2015年12月10日

手のひらの聖母像

小さな小さな陶器の母子像。IMG_0830.JPG

祈りを込めて差上げたり、お守りにしたりと、クリス
チャンではないけれど頂いて嬉しかったお人形です。

佐賀県は陶器の里、伊万里の聖母トラピスチヌ修道院
で作られたものです。
北海道のトラピスチヌ修道院が日本で初めての女子修
道院として根をおろし、祈り・働けと戒律の厳しさでも知
られています。
その後伊万里はもとより和歌山などにも同様の修道院を
建立しているようです。
丁度クリスマスを控えて、ご紹介します。
posted by Tanaka at 12:58| お知らせ

2015年12月02日

田中義明さんのテーブル・coming soon!!

IMGP1108-a.jpg何度か梓の企画に登場してくださった、埼玉在住の田中さん。
彼の作る家具は削ぎ落とされたデザインと、シンプルな中に安心感
があります。
今回の注文は、直径1200の円形オイル仕上げ、タモで作ります。
板厚もあまり重くしたくないとのことで、250に致しました。

南青山のナチュラル系の有名化粧品店の家具や什器なども手がけて
いますが、師匠について学んだ木工ではなく、家具屋の企画品制作
をしながら手に入れたノウハウ。
眼を見張るようなものは無いのですが、永くそばに置いておきたく
なるような心地よく、でしゃばらない家具です。

お人柄も物静かで大人を感じる方、この前梓で出あった年配の木工家が
褒めていらしたのが印象的でした。

出来上がりが楽しみです。
posted by Tanaka at 09:28| お知らせ