2018年08月24日

唐松のチェンバロ

今年も八ヶ岳の友人宅で数日を過ごしました。IMG_3362.jpg
近くの八ヶ岳音楽堂には、この五月初お目見え
のチェンバロがありました。
地元川上村の樹齢100年にもなる唐松を使い、
チェンバロ製作者の久保田彰氏が製作をされた
というもの。ふたの内側には、フランスに注文
を出したという枇杷の絵が単色で描かれていま
す。
昔、演奏会で見たチェンバロはクラシックな佇
まいで、深い緑色でした。
チェンバロはピアノに比べて、奏者も少なく普及IMG_3366.jpg
もまだまだですが,ヨーーロッパでは15世紀から
18世紀に流行したものだそうです。バッハ以前の
「古楽」の代表的な楽器として知られて、繊細な
音色が魅力です。
この音楽堂で8月の何日間か、音大生によるチェン
バロのコンサートが企画されました。
吉村順三による建築で知られた、八角形の木質の音
楽堂に響く音色は清澄で、聞き馴染みのある曲から
フランス宮廷音楽まで、午後のひとときをたっぷり
楽しみました。
下は、八角形の音楽堂の屋根。
posted by Tanaka at 20:32| 旅行