2018年04月30日

秘すれば花

連休真っ只中の今朝、久しぶりに我が家で開いたIMG_2716.jpg
「雲井の鶴」です。
この花はもう10年も前に当方で、お茶を教えてく
ださっていた妙心寺大法院の松岡老師に頂いたも
のです。
光格天皇の息女の門跡寺院から拝領したそうで、
他には決してお分けしないように、とのひとこと
がついてまわったそうです。
大切な花、と思えば思うほど枯らさない為に、さ
らに花に詳しい方にも、保険のように育ててもら
いたい。と思うのは人の常のようです。
なぜならこの花は「うちだけ」と思っている方か
ら密かに分けていただいた方が、何人もいるので
す。京都のそこここに〜〜
某陶芸家の裏庭で拝見した時には、驚くほどの株
が見事に花をつけていました。
いつでしたか「家庭画報」には平安神宮の池の端
で咲く雲井の鶴が、見事に写っていました。
「秘すれば花なり秘せずは花なるべからず」は
「風姿花伝」の知られた一節〜〜
posted by Tanaka at 17:00| お知らせ