2018年03月08日

夜の東博「仁和寺展」

この時期にしては生暖かいある日の夕方、
上野の東博で開催中の「仁和寺展」を観て
きました。
IMG_2574.jpg
3月11日までの会期ですから、残りの日数
が迫っているせいか、かなりの来館者でし
た。それにしても重文、国宝の展示物の多
さに圧倒されました。
仁和寺と聞くと、笑えるようなエピソード
がつい思い出されます。
ユネスコの世界遺産にと決定する前に、妙
心寺にも打診があったそうですが、当時の
執事が断ったそうで、嘘か誠かその足で仁
和寺に向ったとか〜〜、仁和寺が聞いたら
気分を壊すような噂を聞いたことがありま
すが、それは老僧のひとりごと〜〜IMG_2577.jpg
〜〜館という所で、混雑の中仏像を拝観す
るのは、ずっと抵抗がありました。時間、
心の動き、堂宇の空気感も含めての拝観、
がかねてより当たり前だったことなのに、
後ろに回ってまるで調べるように、舐める
ように眺めたり、身を置いてみて今回はっ
きりと違和感を覚えました。それは仏像を
信仰対象とみるか、美術品と見るのか、と
いうことにもなると思うのでそれぞれの答
えは違うもの。保田與重郎は、中学生の頃
から、拝観の際には数珠を持って赴いたそ
うです。
ただ、秘仏をしかるべき場所で拝観できる
かといえば、そうでもなく、タイミングや
こちらの心模様も定まらないまま「見物」
することになってしまいます。
秘仏は見られなくても良い!という結論が
今の正直な感想です。自己矛盾もあります
〜〜
閉館時間、外に出れば満月が東博の上で、ま
るで見守るように照らし、しばしうっとりと
穏やかな気分になりました。
これこそ本物の至福!!
                 合掌
posted by Tanaka at 14:43| お知らせ