2017年12月07日

中国永春への旅 1

20171207pict_ch1.jpg思いがけないことで、急に中国福建省泉州市永春への旅が叶いました。当方で長年デッサンをご指導頂いているヤン先生と、大学の公開講座で墨絵を習っている方々との混成グループ。
4泊5日の短い旅でしたが、中身の濃い時間を過ごしました。

暖かい廈門空港から高速で2時間ほど、内陸にはいりますと、そこは泉州。市の書道会館で日本から2名の方の墨絵と書、中国から矢張り2名の書と墨絵の交流展がありました。去年、梓に来てくださった書家、新聞記者、先生のご友人との再会も楽しく、中国
語の会話本を頼りに、すっかり打ち解けました。


永春は更に内陸へと奥まりますが、標高8〜900mの高地にある著名な茶園迄行き、スケ
ッチや散歩などを楽しみました。また、市街は中央に大きな川が流れ両岸には西洋風の
建築物が立ち並び、ヨーロッパの街かと見紛うほど。副知事さんは県の70%は緑を保
全し、中国一の綺麗な街づくりを標榜しているとのことでした。20171207pict_ch2.jpg

写真は永春の宿の前の湖、下はまるでお花のように見えますが、乾かしている線香の束です。永春はお線香の産地でもあり、あるエリアでは町中に仄かに香の香りが漂っています。




posted by Tanaka at 21:53| お知らせ