2017年05月23日

砂澤ビッキ展〜神奈川県立美術館葉山

IMG_1976.JPGビッキさんのお名前を聞いたのは高校生の頃の
ことですから、かれこれ〜〜年になります。
このほど葉山で展覧会があることを知り、飛ん
で行きました。ビッキさんは、高校時代の担任
の友人でした。
ある時、学校にビッキさんが訪ねて来られまし
た。みなさんへ、とクラス全員に小さな木彫り
のキーホルダーをお土産にくださったのです。
彼は体格の良い、優しいまなざしの方でした。

昔は知り合いの家に行くと、大抵床の間や玄関
先に木彫りのクマが鮭をくわえているのがあり、
大きなものから手のひらサイズまで、かなり普
及していたように思います。
アイヌの木彫作家のビッキさんが、クマを彫ら
れたことがあるのかはわかりませんが、先日の
葉山で拝見した大きな作品群は、圧倒的な力強
さで、驚きました。あのビッキさんにこのよう
なエネルギーが宿っていらしたことも、若かっ
た私には想像だにしないことでした。

長い年月を経て、再び作品を通して彼と出会い、
あの頃よりは少し深くビッキさんの境遇を理解
することができ、素直に喜んでいます。
posted by Tanaka at 22:17| お知らせ