2019年02月26日

江ノ電 LOVE

先日、藤沢と鎌倉の市境にある腰越近くの旧いIMG_3791.jpg
和菓子店にお使いを頼まれました。
龍口寺前の、江ノ電と国道が交差するややこしい
街角にある、扇屋さんです。
ここのひなあられは、一年がかりで作るというも
ので、毎年いただいておりました。
一見何の変哲も無いのですが、お餅を乾燥させて
あられにした緑、ピンクと白の三色あられ!
このお店は土産物の江ノ電最中が有名らしいので
すがまだ買ったことはありません。
開口部が二つあり、一つはお店の入り口、一つのIMG_3792.jpg
入り口には、江ノ電が収まっています。車輪は取
り除いてありますが、正真正銘の本物。
お菓子が並んでいる方には、運転手が使う操作の
ハンドル、時刻表などがぎっしりと埋まっていま
す。
老齢のご夫婦と、娘さんでしょうか、手狭なお店で
接客してくださいました。
江ノ電の古そうな写真も貼り付けてありましたから、
きっと代々江ノ電LOVEを貫いてこられたのでしょう。
posted by Tanaka at 13:50| お知らせ

2019年02月24日

おひなさま

横浜在住の藤代光雄さんのおひな様。木目込み人形
ですが、お顔つきの上品さ、着物の刺繍の見事さにIMG_3796.jpg
まずは見惚れます。
小さい柄で、なおかつ赤と白の縮緬、よくぞ、この
柄ゆきを見つけられたと感心します。
彼は奈良で木目込みを修行し、鎌倉でも木の仕事を
収めたそうです。
これは「寿慶雛」と名付けられました。高さは男雛
で25cmあり、男雛の胸周りは34cmと堂々たるお
姿。大人の女性が、自分のために!と改めて買うお
雛さまが流行っているそうですが、そのような目的
にもぴったり。
右の金柑の鉢植えは、小さな小さな金柑です。暮れに
購入してから、まだまだずっと実をつけたまま〜〜
おひな様によく似合います。
寒い寒いと言っていた2月もあと少し、本格的な春の
訪れを楽しみにいたしましょう。
posted by Tanaka at 15:37| 作品