2019年01月25日

高仲健一さんの屏風

毎年、新春を過ぎる頃、決まって登場するのが
高仲健一さんの四曲一隻の爽やかな屏風です。IMG_3704.jpg
彼は、漢詩に通じた方でして、上方には春浅い
情景を詠んだ詩が書かれて、植物と目線が同じ
かと思えるような芽を出したばかりの野山の草
草が墨で、描かれています。
この前に座ると、まるで野にいるかのように気が
放たれて心地が良いのです。
高仲さんは、房総半島の山の中に住んでいらして、
ヤギや豚を飼い、恐ろしく勢いのいい鶏もたくさ
ん放し飼いのようにしています。もちろん犬も〜〜IMG_3702.jpg
以前の古いお宅は、犬も鶏も家の中をウロウロして
いました。朝、山中での坐禅を欠かさないそうです
が、犬がちゃんと傍に控えているとか〜〜
余談でした〜〜
高仲さんの書斎には立派な筆が、ずらりと並んでい
ます。千葉の某醤油屋さんのご主人の遺言で、高仲
さんに、と贈られたそうです。
屏風は、空間を少し閉じて、少し開けるという曖昧さ
が身上です。関東ではあまり見ませんでしたが、西に
行くほど普通の家でも屏風を見かけることがあります。
他の屏風もしまってばかりいないで、今年はもっと陽
の目を見るようにいたしましょう。
posted by Tanaka at 15:26| 作品

2019年01月07日

海月

言わずと知れた、クラゲは夏の季語。
IMG_3676.jpg
エノスイ、と地元民は呼んでいますが、134号線、
江ノ島のすぐ近くにある旧ーい水族館です。
大きな亀が売り物だった記憶がありますが、今は
何と言っても海月が呼びものです。
なかなか見応えがありますが、素人目にはあまり
水槽に色を映さずに自然のままが良いかな、と思い
ました。友人は、海月の説明に擬人化した意味付け
はどうも〜〜と。年を重ねた観客はなかなか厳しい
のです。
続きを読む
posted by Tanaka at 16:43| お知らせ

新春の海

IMG_3687.jpg相模湾は穏やかな年明けでした。
暖かい三が日は、天からの贈り物のようで嬉しい日々でした。
R 134からの夕暮れも、江ノ島、黒富士とお決まりですが、波
穏やかで悠々とした景色です。
年末には新江ノ島水族館でイルカのショウを見たり、綺麗なク
ラゲに見入りました。大人二人のつかの間の遊び時間でした〜〜
今年もよろしくお願いいたします。IMG_3696.jpg
posted by Tanaka at 15:31| お知らせ