2017年07月04日

キースン・スロース を訪ねて 2

IMG_2286.JPG
彼女の住む町はコペンハーゲンから特急で3時間ほど
のオーフス。のどかな牧草地や海を眺めながらの楽し
い列車旅です。車内は卒業したての高校生、夏休みに
入った学生たちがあちこちに〜〜
大きな手術をされた夫君も、以前と少しも変わらず、食
後の片付けは進んでなさる。車椅子用にスロープを中庭
に向かって設置されたほかは、どこも変わらずでした。
翌日は、車で2、30分の所に転居された娘Annと娘婿の
Kimのご招待でランチでした。
IMG_2302.JPG
素敵なテーブルウエアーは、もちろんKirstenの物。少し
ひんやりした空気の中で、ろうそくの炎が揺らめくtea
light とpotも使われてこそ。熱々の紅茶が嬉しいもので
した〜〜
kimの仕事場も以前はまだ引越ししたばかりで、荷物がゴ
ロゴロしていましたが、綺麗に整えた展示室も出来上がり
心地よさそうにお住まいでした。


posted by Tanaka at 22:04| お知らせ

鳥居秀行さん

先月、このHPを管理してくださっている鳥居さんが急逝されました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
ひと月ほどで、新しいHPに生まれ変わります。
止まったままのページがありますが、今しばらくお許しください。
 工藝サロン梓  田中政子
posted by Tanaka at 18:22| お知らせ

キースン・スロースを訪ねて  その1

先週、デンマークから帰りました。IMG_1191.JPG
白夜の季節で、旅行者には可動域が広がりますが、
ちょうど卒業式のシーズン、夏至のお祭りと重なり
休業のお店が多く、帰りに寄ったスエーデンのマルメIMG_2199.JPG
でも、少々残念でした。
ハレ女を、自認するHさんは京都のデザイナーであり、事務所併設のギャラリーではキースンの展覧会も開いてくださったゆかりの方です。また、100個のtea caddyの本のデザインをお願いして、素敵に仕上げてくださいました。
ロンドンからコペンハーゲンで合流して、ご一緒の旅友になりました。
キースンとは5年ぶりくらいでしたが、お元気で作陶
を続けていらっしゃいました。コペンハーゲンで、デIMG_2170.JPG
ンマーク・日本の友好150周年の企画の展示(キース
ンと日本の作家・窯元とのコラボ)を観に行くことと、
もちろん彼女の新作を仕入れてくることが今回の
旅の主目的でした。
ギャラリーは、中心からはだいぶ遠く、タクシーでの
移動になりましたが、木工の工房も併設された元の公
共施設のような広い広い空間でした。
続く
posted by Tanaka at 17:44| お知らせ